困ったときはタリラリラ~ン

『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』

『これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫』には原作があります。原作は「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」というタイトルです。書いた作者は、赤塚不二夫を担当していた小学館の名物編集者の武居俊樹さんです。漫画家:赤塚不二夫の同士でもあり、35年間の長い期間編集者として連れ添った武居記者は赤塚不二夫作品の「レッツラ・ゴン」で【武居記者】としても登場しています。

「レッツラ・ゴン」は赤塚不二夫さんが特に思い入れが強い作品で、赤塚さん自身が「最も描きたかった漫画」と語るほどの作品中に【武居記者】として登場しているだけに、どれだけ赤塚さんと武居記者の間の信頼関係が伺えると思います。

映画の中では武居記者は女性に変更していて、おまけにかわいい堀北真希さんが赤塚さんの担当編集者になっています。なんでも原作者の武居俊樹さん、映画化するにあたって編集者の役は可愛い女性にしちゃえ!ということで、かわいい女性が担当編集者になったそうです。

原作の本では、編集者でもある武居さんは赤塚さんを客観的に観察しているのがわかります。「一人の天才ギャグ漫画家の栄枯盛衰」を近くで見ていたからこそ書けるのだと思います。映画では、原作のエピソードを踏まえながらも【真面目にバカをやる】をテーマに映画的な誇張に脚色がなされています。奇才天才の赤塚不二夫役には浅野忠信です。役者浅野さんのはっちゃけぶりを観てみるのはいかがでしょう~!もちろん堀北真希ちゃんもはっちゃけちゃってタリラリラ~ン!

キャスト

  • 赤塚不二夫 ・・・ 浅野忠信
  • 武田初美(少年サンデー新人編集者 原作者モデル:武居俊樹)・・・ 堀北真希
  • 広瀬譲治(少女コミック編集者)・・・ 阿部力
  • 赤塚トシ子(赤塚不二夫夫人)・・・ 木村多江
  • 赤塚ヨリ(赤塚不二夫実母)・・・ いしだあゆみ
  • 佐々木勝一(少年サンデー編集長)・・・ 佐藤浩市
  • 松野日出夫(フジオプロのアシスタント)・・・ 正名僕蔵
  • 山口哲夫(フジオプロのアシスタント) ・・・ 粟根まこと
  • 森みのる(フジオプロのアシスタント) ・・・ 新井浩文
  • 三波一喜(フジオプロのアシスタント) ・・・ 山本剛史
  • 金子順蔵(フジオプロのアシスタント) ・・・ 佐藤恒治
  • ゲイバー『狸御殿』のママ ・・・ 佐藤正宏
  • ゲイバーの歌姫 ・・・ 梅垣義明

ストーリー

昭和42年(1967年)東京の小学館本社(一ツ橋)では入社式が行われていました。入社式では新入社員の紅一点の武田初美も新しい仕事に期待に胸を膨らましていました。その重厚な雰囲気の空気のホールには、その場の雰囲気にまったく似合わない人物が近づいてきていました。入社式の来賓として新入社員の前に登壇してきたのは、紫色のスーツに出っ歯がキャラクターの「イヤミ」の姿で赤塚不二夫です。小学館「少年サンデー」の看板作家がイヤミの姿で祝辞を述べます。「お待たせざんす。ミーはたった今花のおフランスから帰ってきたざんす!ミーがチミたちに言いたいことはたったひとつ!おバカになることざんす!」と祝辞を述べると、新入社員に【シェー】のポーズを強要。新入社員は全員【シェー】のポーズをしますが、その中で恥ずかしがって一人だけ【シェー】をしないのが紅一点の武田初美です。【シェー】をしない初美の姿に気づくと、赤塚は無理やり手足をとって【シェー】をさせようとします。「やめてくださいっっ!!!!」と赤塚の顔面にパンチをかまします。この出会いが赤塚不二夫と編集者武田の長い付き合い&バトルの始まりとなるのでした。新入社員の武田初美の配属先が決まりました。初美は少女マンガが大好きで、希望通りの『少女コミック』編集部への配属が内定していたのでしたが、赤塚不二夫が初美のことを大変気に入ってしまったので初美は『少年サンデー』編集部に配属先を変更させられてしまいました。初美は赤塚作品を「下品」としか思っていないので、この配属に不満ですが打ち合わせのために赤塚家へと足を運ぶことに・・・「先生、わたしはバカになんてなりたくない!!」赤塚不二夫の周囲で繰り広げられるおバカコメディの行方は??!!

製作:スタッフ

  • 企画・・・ 黒澤満、遠藤茂行
  • プロデューサー ・・・ 岡田真、服部紹男
  • 監督・・・ 佐藤英明
  • 脚本・・・ 君塚良一、佐藤英明
  • 原作・・・ 武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』(文春文庫刊)
  • 撮影・・・ 林淳一郎
  • 照明・・・ 渡辺三雄
  • 美術・・・ 山崎秀満
  • 録音・・・ 本田孜
  • 編集・・・ 田中慎二
  • 音楽・・・ めいなCo.
  • スクリプター・・・ 生田透子
  • 製作プロダクション ・・・ セントラル・アーツ
  • 製作会社・・・これでいいのだ!! 映画 赤塚不二夫」製作委員会
  • 主題歌・・・ユニコーン「ぶたぶた」
  • キャッチコピー・・・「『バカ』がちょっとほめ言葉だったあの頃。」「天才、大暴走!!クソマジメな新人編集者と破天荒な漫画家。この2人がギャグで革命を起こす日まで、あと少し…。」

登場人物

映画には実写のキャラクターとCGを使ったアニメで登場する赤塚キャラクターが登場します。赤塚キャラクターは、赤塚たちの仮装だったり、赤塚不二夫の回想シーンや赤塚にピストルを撃ってくるときに登場します。赤塚キャラクターにはアニメ化されたキャラクターがとうじょうしていますが、チカ子以外のひみつのアッコちゃんキャラクターは出てきません。

実写キャラクター

  • 赤塚不二夫・・・主人公です。美人の妻と老母との二人暮らしで、下品な台詞とふざけた行動で周囲を笑わせます。
  • 武田初美・・・もう一人の主人公でヒロインです。「チビ太」というあだ名は赤塚からもらいました。モチーフは原作者の武居俊樹さんです。赤塚が漫画で書いたときはへんな子ちゃんに似たキャラクターでした。
  • 広瀬譲治・・・編集者です。『少女コミック』編集部配属の彼女がいます。
  • 赤塚トシ子・・・赤塚の美人妻です。ちなみに、実際の赤塚不二夫の妻は、登茂子・眞知子ですが、二人とも他界しています。赤塚ヨリ・・・赤塚の老母です。最後は病死してしまいます。ちなみに、実際の赤塚の母の名前はリヨですが、「ヨリ」は「リヨ」を逆さにしています。
  • 佐々木勝一・・・編集長です。初美たちに厳しく説教します。
  • 松野日出夫・・・フジオ・プロの一人です。
  • 山口哲夫・・・フジオ・プロの一人です。
  • 森みのる・・・フジオ・プロの一人です。
  • 三波一喜・・・フジオ・プロの一人です。
  • 金子順蔵・・・フジオ・プロの一人です。
  • ゲイバー「狸御殿」ママ・・・女に見えますがオカマです。
  • ゲイバー「狸御殿」ママ・・・こちらもオカマです。

赤塚キャラクター

バカボンパパ(声:浅野忠信)・・・
赤塚が成りすました仮装で初登場します。アニメでの登場は、赤塚が「もっとくだらないの描こう」と言ったときには、大喜びしますが、赤塚が「今日は徹底的サボるぞ」と言ったときは、赤塚にピストルを撃ってきます。きめ台詞の『これでいいのだ』は、ラストで赤塚不二夫が言っています。
バカボン(声:山本剛史)・・・
初登場は三波が成りすました姿で登場します。その後は、赤塚にピストルを撃ってきます。
ママ(声:いしだあゆみ)・・・
金子が成りすました姿で初登場します。アニメでは赤塚に怒っています。
ハジメ(声:木村多江)・・・
赤塚にピストルを撃ってくる役です。なぜか、おもちゃの鉄砲です。
本官さん(声:千葉繁、正名僕蔵)・・・
初登場は電話で出た声のみです。その後は松野が成りすました姿で登場して、アニメでは、赤塚がサボったときは、おなじみの「タイホするー」という口癖で、赤塚にピストルを撃った姿で登場します。電話に出たときの声は、千葉繁が出演した平成天才バカボンで使われた、台詞の一部です。
レレレのおじさん(声:粟根まこと)・・・
山口が成りすました姿で初登場します。アニメでは「レレレのレー」と喜びますが、その後は赤塚にピストルを撃つ役です。
カメラ小僧(声:?)・・・
回転しながら、カメラシャッターを鳴らします。カメラ小僧がアニメで登場したのは、これが初めてです。
夜の犬・・・
逆立ちして赤塚にピストルを撃ちます。
六つ子:おそ松、チョロ松、一松、から松、トド松、十四松(声:堀北真希、木村多江、いしだあゆみ)・・・
アニメでは、六人揃って、赤塚にピストルを撃つ役です。
イヤミ(声:浅野忠信)・・・
赤塚が成りすました姿で初登場します。アニメでは、赤塚にピストルを撃つ役、赤塚がサボったときは、甲高い声で「シェー!!」と叫びます。
チビ太(声:堀北真希)・・・
初美のあだ名で初登場で「ケケッ」と笑います。アニメでは、赤塚におでんを渡しますが「サボる」と言ったことに怒りだし「てやんで、バロー、ちくしょー」とピストルを撃ちます。
ハタ坊(声:木村多江)・・・
赤塚にピストルを撃ってくる役です。
トト子(声:堀北真希)・・・
本家と同じく怒ると怖い性格は変わりません。赤塚が「サボる」と言ったときは、怖い顔をしています。なぜかこのときはアッコちゃんのコンパクトを持っています。
デカパン(声:?)・・・
赤塚にピストルを撃ってきて、喜んでいたときは、パンツをヒラヒラさせ「ホエホエー」と言いながら踊っています。
ダヨーン(声:?)・・・
赤塚にピストルを撃ってきます。ゲタを手に取り「ダヨーン」という台詞で喜んでいます。
ア太郎・・・
赤塚にピストルを撃つ役で、大根を持って喜んでいます。
デコッ八・・・
赤塚にピストルを撃つ役です。
×五郎・・・
赤塚にピストルを撃つ役で、幽霊の姿で登場しますが、なぜかア太郎以外にも見えます。
ブタ松(声:浅野忠信)・・・
赤塚に刀を向けますが、その後はピストルを撃ちます。
ココロのボス(声: 阿部力)・・・
赤塚に先端が延びる銃の形でピストルを撃つ役です。ダミ声で「ハァーポックン」と喜んでいますが、なぜか子分を連れていません。
ニャロメ(声:浅野忠信)・・・
赤塚が子供の頃にいじめていた猫です。「ニャロメ!」と叫んでいたことから、この名前がつきました。その後は赤塚にピストルを撃ってきます。
ケムンパス(声:?)・・・
レレレのおじさんの頭の上に載っています。「ヤンス」が口癖で、喜ぶと「ケムンパスでヤンス」といいます。手の代わりに口でピストルを撃ちます。
べし(声:?)・・・
「べし」と喜び、赤塚にピストルを撃ちます。
チカ子(声:堀北真希)・・・
赤塚にピストルを撃つ唯一のアッコちゃんキャラクターです。
TOP